読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30cmでできること。

綺麗にレイアウトされた水草水槽に憧れる、肉食魚の住む装飾系男子の水槽ブログ。

60cmでできること。

30cmの水草メイン水槽、15cmのエビ量産水槽につづき、今回は60cm水槽がついに陽の目を浴びます。これははじめらへんの記事で張っていた伏線の回収作業です。今回は水草記事はほんの少しになるかと思われますが、辛いものの後には甘いものという気持ちで楽しんでもらえると幸いです。
 
こちらが60cm水槽です
 

f:id:urachi:20130822121507g:plain


実にあっさり、水草ちょっぴり、レイアウトもクソもありません。
この水槽にはごちゃごちゃものを入れられない理由があります。
前回の最後に予告として貼っていたこの画像。

 

f:id:urachi:20130822121518g:plain


怪獣◯◯と題されたシルエット画像。その正体は…
 

f:id:urachi:20130623191725j:plain


うちのアイドル、ポリプテルス・パルマス・ポーリーです。
石をも動かしてしまうパワーの持ち主なので、水草は入れることができません。

現在15cm程。これまたオスかメスかわかりません。
バタフライはあの見た目でメスだと教えて頂いたので、こいつももしかしたらこんな見た目のクセしてメスなのかも知れません。
 

f:id:urachi:20130623032711j:plain


ところでよく名前をあまり考えもせず付ける方がいますね。
例えばマルチーズ犬だから「マル」だとか、セキセイインコでピーピー鳴くから「ピーちゃん」だとか…もうすこし愛情を持って、飼い主としての初めの責任として名前はしっかり考えるべきだ、と思います。間違っても、ポリプテルス・パルマス・ポーリーだから「ポリ」なんて命名してはいけないと思うのです。
なんとも安直すぎます。
 
だからうちのポリプテルス・パルマス・ポーリーは愛情を込めて、「パル」と呼んでいます。よく考えられたピッタリな名だと自負しています。パルも大満足です。
 

f:id:urachi:20130822121508g:plain


さて、この子は立ち上げ当初、30cm水槽でバタフライと仲良く住んでいました。

(ちなみにバタフライは「バタ」と呼んでいます。バタも「ネーミングセンス、マジぱねぇ」と言いたげです。)
しかし、成長するにつれ、バタフライを友達という認識から「水面に落ちたエサ」と意識改革をしていきました。じゃれてると見せかけていきよい良くパクッ!バタは瞬時にバシュッ!という攻防が繰り広げられていました。
結果、バタフライの羽根は見事にボロボロ。ヒレというヒレが喰いちぎられてしまいました。こりゃあかーん!ということで急遽この殺風景60cmに移し、今に至ります。
 

f:id:urachi:20130822121517g:plain


パルは他のポリプテルスと比べると小型の種類になります。最大で30cm程です。それでも大きいですね.うちの子はまだ半分くらいです。
ポリプテルスには下顎タイプと上顎タイプに分かれています。基本的には下顎タイプが大型種とされているようです。飼いこむと体全体が緑化して綺麗です。
 


ちなみに奥に見えているこれ。

f:id:urachi:20130822121510g:plain


これは自家製投げ込み式フィルターです。

アクリルパイプを切り穴を空けたものの、下からエアーレーションを入れて、途中ろ材を通り、上で排出すると言う単純な代物です。バクテリアがすこしでも繁殖するようにと入れています。効果があるのかないのかはさっぱりわかりませんがきっとあるのだと信じています。
あとフタも作ってみました。夏場用に網戸を使ったフタです。

f:id:urachi:20130822121509g:plain

 

60cmは現状こんな感じで育成中です。またなにか進展があれば記事にします。
 
 
さてさて、前回の記事で触れていたコケを殲滅するための秘策。
これは小耳に挟んだ情報なので半信半疑だったのですが、調べてみると結構使われている水草ブロガーの方が多いようです。知らなかった…!
これが本当に効果があれば業界騒然ですね。
前フリが長いので紹介します。それは…
 

f:id:urachi:20130822121511g:plain

 

オキシドールです!
薬局に売っています。100円でした。

 

f:id:urachi:20130822121516g:plain

 

よくわからなかったのでとりあえず3倍の水で希釈してみました(めんつゆのように、こうゆうものは3倍濃縮と相場が決まっています)
 

f:id:urachi:20130822121515g:plain

 

これを猛威を振るう苔どもにコケにされてえらい光景を作りだしている水草たちにぶちまけます。実際にはぶちまけません、優しく少量づつ添加します。
 

f:id:urachi:20130822121514g:plain

 

f:id:urachi:20130822121513g:plain

 

これで本当に消えてくれるのでしょうか?水草には影響ないのか?生体は?
小耳に挟んだ情報では「これで一生はえなくなる!」だったのですがどうなるのでしょう。結果はまた報告します。
 
 
▼コケを殲滅するにはクリックが必要です。僕も半信半疑でしたが調べてみると本当のようです。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 古代魚へ
にほんブログ村